dot@note


脳内は恋とミスチルパラダイス★な日記。
by chebmix1121
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ゆめのなかのゆめ

ゆめのなかでゆめを見ていた。とても不思議な感覚で、起きたらなんかひとりでふふふと笑ってしまうようなへんてこさがある。週末に予定がなければ起きて、好きなことして、寝て、好きなことして、寝て起きたらたいてい18時前になっている。それを言うときっと今の彼は「せっかくの休日がなんてもったいない!」と言うことだろう。でもあたしは、そのムダをたのしんでいるし、もったいないなんて思わない。休みの日の惰眠はすきなことベスト10…いやベスト5に入ると思うのだけど…。一日中寝てたってことはもちろん彼には内緒だ。あたしにとってのすてきな休日にけちをつけられるのはいい気がしない。
[PR]
# by chebmix1121 | 2006-07-23 00:16 | mylife

to U / Bank Band with salyu

仕事終わってすぐに向かうCDショップ。田舎の小さな町の小さなCDショップ…あるかな to U。入り口のところに箒星の初回版DVD付きがまだある。本日入荷はその棚にあるはず…ないのだけど、やっぱ予約しとくべきだったかな…とかアマゾンで買うべきだったかななんて思いながらお店に入る。何もかわずには出にくいお店、田舎でよくあるよね、なかったらどうしよう。もう見た目シンプルすぎて目立ってるんだかどうなんだか、見つけました。再生紙でつくられたジャケット。t と o と U がピエロの顔のように並んだジャケット、とてもかわいい。きっと手に取ったら顔がゆるむような。この曲を耳にしてもう一年以上。ちゃんと聴けたのはNews23とかフェスのDVDで。とにかく早くちゃんとした音源として手にしたかった曲。あ、そういえば去年のHIGHER GROUNDでsalyuちゃんが小林さんの演奏で歌ったな。ミスチルも同じ日に出演する日だったから、もしかして特別に櫻井和寿としてステージにあがって歌ってはくれないのだろうかと、とても期待してたんだけど、それはなかった。でもsalyuちゃん一人で「大切なうた」といって青空の下で歌った「to U」もすてきだった。salyuちゃんの生歌はその場所で初めて聴いたのだけど、もう第一声から彼女の世界に引き込まれて、聴いていて息をするのも苦しくなるくらい、だけどどこかで癒されているような不思議な感覚のところまで連れてってくれた。それはもう、初めての感覚で、いままで聴いたどんな人の歌にもない感覚だった。今思い出してもあれはすてきな感覚だった。もちろん櫻井さんの声も、小林さんの音もすごいのだけど、「to U」はsalyuちゃんあってこそな歌のような気がする。3人の音が合わさってきっと想像できないくらいたくさんの化学反応がおこって、あんなすてきな音になってるんだと思う。もう何度も何度も聴いているけど、聴くたびに違う歌に聴こえる不思議なうただ。あたしがCDを買うためにだしたお金、環境のための何かに役立てばいいな。こんなすてきなシステムずっと続けて欲しい。
[PR]
# by chebmix1121 | 2006-07-18 23:21 | music

とじこめる

とじこめることにしようとしている。元彼のことは。どんなに考えたところでどうにもならなくて、「消えない」ということがわかったので、ならばとじこめようと。そうだな、入れ物は…どうせならいつでも捨てれるようにスーパーの袋くらいでいいんじゃないか?それではちょっと…今まで思い続けてきた自分のこころがかわいそうだよ…せめて大好きなブランドのショッパーにしよう。と思ったところで、ここの服って何かのお祝いの度によくねだって買ってもらってたな…いかんいかん、また魔の悪循環にはまってしまった…なんて心の中ではぐるぐるぐるぐる、頭の中の元彼をどこかに閉じ込める作戦を日々練っているわけで。
今日は、彼があたしの住む町にやってきた。他でもない、とくに結婚をする約束などもしていないが、一度両親に挨拶しておいたほうが彼の家に遊びに行きやすいだろうと…布石…のはずだったんだけどな。お父さんの第一声が「なにのつもりでつきあってるんだ?結婚を前提か?」…「はあ?!!!!!」って混乱するあたしを尻目に彼は自分の気持ちを自分の言葉で伝えてくれました。うん、それでいいの。近い将来って話じゃなくって、ゆくゆくは考えるつもりってこと。ああ、なんだか悪い流れの中にいるような気がしてたのはこれか?!。まだまだ結婚なんて考えられないのに。親はもういい歳なんだからって言うけれど、こんなにフラフラしてるあたしではどうにもこうにもうまくいくはずはなく…。でも、あたしはあたしなりに彼を親に会わせたってことは、彼のこともちゃんと大事にしたいってことなのです。ちゃんと「考えたい」のです。元彼をとじこめることに成功したら…うん、そう、そこ大事。
[PR]
# by chebmix1121 | 2006-07-16 01:23 | Love

気持ちの配分

ついこの前までは上手にできてたのにな・・・。今の彼のこと、心の隅に追いやった元彼のこと、仕事のこと、日常のこと、あたしの気持ちは上手にバランスを取りながら問題なくやっていたとおもうのに。今は何もかもが自分でどのくらいって把握できてなくて、コントロールも制御もできていない。原因は明らかに元彼と久しぶりに電話で話したからで、気持ちは明らかにそちらのほうにぐらぐらしていて…。こんなのよくないな。って何度も思うけど、ふと何もしてないときに思い出すのは、元彼のことで、特になにがあるってわけじゃないんだけど考えてしまう。どうなりたいとか、どうしたいとか考えてないけど、「あんなにぴったりな人はやっぱりなかなかいないな」って、しみじみ思ってしまう。短いようで長い人生でぴったりな人に出会えた奇跡をあたしは手放してしまった。ただそのことを思うと、こころがきゅっとしめつけられる。それだけのこと。今の彼は、時々こころが痛むほどにあたしのことを好きでいてくれる。とっても繊細なこころを持った人だ。そんな人もこれから先出会えるかどうかわからないから、今度こそ大事にしたいっておもってるのに。
[PR]
# by chebmix1121 | 2006-07-13 23:05 | Love

どこまでもつづくのかな

なんだかまずい流れの中に放り込まれたようで、日常生活もマイナスに運んでいるように感じてしまう。いやいや、自分から片足を突っ込んだのかもしれなくて。ちょっとした隙間に元彼は入り込んできた。もう半年も電話で話してなかったのに。まるでつい最近話したかのように、ごく自然にあたしの心のスペースにどかんと座り込む。今の彼では埋め切れなかった、空きスペースに。思えば元彼のために空けてあったような、そんな空きスペースに。もう、別れて2年で1年以上も顔を合わせていない。それなのに、それなのに。気持ちは何年か前にぐいぐい引き戻されて、昔話とか別れた当時の言えなかった気持ちを、冗談半分、半分本気で話したりした。そんな調子はあっちも同じで(いや、素で100%冗談かもしれないけど)。元彼は、あたしがどうしても手を離したくなかった人だった。でもその手はもう別の人が握っていて、あたしの手も別の人を握っている。大事な人を握れる手は一本しかないの。もっとしっかりしなくっちゃ。
[PR]
# by chebmix1121 | 2006-07-12 23:38 | Love

こころの隙間

いつもおもうこと。こころはどうやったら満たされるのか。満たされたいと願いながら、満たされた状態になることから逃げているような気がしているのだけれど、なぜなんだろう。満たされた=こころがこれ以上は受け入れられない状態になるわけだ。それはなんだかいいような、わるいような。もう、この歳になれば100%自分の望みどおりの人がいるわけないって判るし、今の状態でも充分幸せなんだって自覚もあるけれど、なんだかこころに隙間があるとなにかで埋めよう埋めようとしてしまうような気がする。もっともっと幸せが欲しくって、もっともっとぴったりな人が見つかるかもって思ってたり、もっともっとって言い出したらキリがなくって結局いつも8分目の幸せに体を埋める。案外みんなそうなのかもしれないなって思ったら、こころの隙間がちょっと埋まった気がした。
[PR]
# by chebmix1121 | 2006-06-30 23:56 | Love

ぽつぽつ

ぽつぽつ雨が降るように、あたしのこころにも何かがぽつぽつと降っているような気がする。今は小さな水たまりのようなものができている。どんどんどんどん降っていつかは水たまりのようなものは大きくなっていく。いつもそんな気がしている。彼への気持ちは少しずつだけど膨らんできた。でも時たま空のずっと上のほうから「その人じゃないよ」って言ってる声が聴こえるような気がして、あたしはいつも混乱する。彼とはうまくいっている、と自分でも思う。でもふと立ち止まると、どうも取り繕ってる自分に気付くこともある。将来のことだったり、老後のことだったり、そういった類の話題になるとそうなる。そしたらこころにぽつぽつと何かが降ってくるようなそんな気になる。ああ、あたしは彼の丸ごと全部を好きになって愛せるのだろうかと不安になる。なんで好きなのにこんなことを思ってしまうのだろう。そう思うとまたぽつぽつと何かが降るんだよね。
[PR]
# by chebmix1121 | 2006-06-29 11:52 | Love

メガネ男子とメガネっ娘

朝はめざましテレビ派だ。なんでだか、もうずっとずっとそうなので、なんでだか忘れました。まちがっても大塚さんの額のイボ?のファンでもなく、軽部さんの蝶ネクタイのファンでもありません。あたしはその時、朝食分のお皿を洗っていて、危うく見逃すところだったそれをなんか予感がしてふっと振り返ったので見逃さずにすんだのでした。Mr.Childrenの新曲「箒星」のプロモ情報!メガネ男子とメガネっ娘が主役なストーリーのようです。すでにオフィシャルでもちょっぴり見ることができます。やばい・・・マッシュルームカットにクロブチメガネ!!!!!!萌え~!普通に見たら多分やばいっしょ?!っていう部類のルックスにスレスレなとこでオサレっぽく見える・・・。もう友達には「メガネかけてればどんなんでもいいんでしょ?」って言われる始末。でも、なんかこのプロモのメガネ男子はあたし的にはストライクです♡→ܫ←♡ところで、メガネっ娘も負けじとかわいらいいのだよね~。これもスレスレでオサレ~な感じ。この二人の恋の行方がミスチルの歌に乗ってどんなに素敵なものになるのか、とっても楽しみです!「箒星」は本日解禁だったらしく、各局ガンガン流してるそうです。ラジオつけてたら聴ける確立高しです。新曲聴くにはNHK FMのミュージックスクエアって決めてるので(DJの声も入り込まずにフルで聴けるから)、今日に狙いを定めて聴いてたら1曲目でビンゴでした(人・㉨・)♡ もうなんか元気でそうなアップテンポな曲なんだけど、ジックリ詩を聴くとなんだか涙がでそうになってしまったよ。
[PR]
# by chebmix1121 | 2006-06-19 23:07 | music

これからなのかもしれないな

 週末にまた彼の住む街へ、高速バスに乗って行った。とても複雑な気持ちのまま。でも、それは、彼の顔を見た瞬間にスッと消えたような気がした。いつもそうだ。何回電話で喧嘩しても、こんなとこはついて行けないのよってムカムカしてても。やっぱり「会う」ってとっても大事なことなんだと思う。きっとそれはどれだけ言葉を重ねても、どれだけ心の中で思っても、どれだけ頭の中で悩んでも、到底及ばないくらいの力がある、と思う。「彼が好き」という気持ちに確信を与えるには「会う」ことが一番なのだった。
 それとは別に、東京に行った元彼が帰ってきたと聞いただけで、街を歩くのはひどくドキドキしてビクビクした。「会いたくないのよ」って思いながら、彼のいそうなお店の前を通ってしまったり、矛盾だらけで、いやになった。元彼は特別な力を持っている人。他の人と幸せに「好き」を育んでいるあたしのこころを、メールひとつでいとも簡単に動かせてしまう。今の彼はあたしの好きだった彼ではないであろうことは痛いほどわかっているつもりでも、こころとは別のところで反応してしまう。そんな話を久しぶりに会った友人にしたら、「なんとなくわかるよ」「○○にとって○○ちゃんって大きいんだね」って言われた。どんなにひどい別れ方をしても、何年か経つと別れた人との思い出はいいことしか思い出せないってその子はいってた。あたしもそうだ。あたしにとっての元彼はあたしが特別努力をしなくっても、ほとんど「ぴったり」な人だった・・・と思いながらふと思ったのは、楽だったのは実はあたしだけでほんとは元彼がとっても努力とか苦労とかしてたんじゃないかって。ちょうど今のあたしのように。だからどんどん息苦しさにたえきれなくなったのかなぁって。あくまで想像だけど。元彼の性格上そんなことはほとんどないと思うけど。でも、元彼への気持ちは「好き」とは別のところで動いているんだと思う。どう考えようが、あたしが好きだったのは彼の「過去」。それはそれでいいじゃないか。大事な思い出と位置づけよう。大事な人はもう別に見つかっているんだし。
[PR]
# by chebmix1121 | 2006-06-18 23:22 | Love

こころ

あたしのこころは強くない。自分で自分を「弱いのだよ」とは言いたくないので「強くはない」と言おう。いつまでたってもあたしのこころは変化に対応しきれない。日々、平凡に普通に流れていけばいいのにといつも思っている。特別うれしいこと・たのしいことがなくてもいいから、悲しいこともできればないほうがいい。どっちにしろ、あたしにしたら「変化」であるわけで、それにいちいち動揺したり、緊張したりする。どんなに待ち望んでいた楽しみな日であろうと、あたしのこころはひどく緊張して、体の調子を崩してしまう。悲しいことがあるとなおさらなのである。体の調子とは主に胃腸の調子のことで、正の変化も負の変化も関わりなく、おなかが痛くなるのだ。お医者さん(胃腸科・内科)にも行ったし、いくつかの漢方薬も試してみたけれどいっこうにこれがおさまる気配はなく、決まって胃腸は変化に対して反応を見せる。精神的な不安が作用して起こるものと考えられます…お医者さんはこう言って漢方薬をくれた。それでも治らなかったから、今はおなかの痛みとどうにか折り合いをつけながら暮らす日々なのです。過敏性腸症候群とかいうやつらしい。ピタッと治る薬もしくは治療法ないものなのかな?もしくは神経内科とかそういうのに行けばちょっとはましになるのかな?なんて思うけど、実際なにもしないめんどくさがり屋。おなかが痛くなるから、日々何も変化がなければいいなんて思いながらずっと暮らしていくのってちょっと寂しいと思う日々。
[PR]
# by chebmix1121 | 2006-06-14 22:49 | mylife


カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
ライフログ
最新のトラックバック
ビートルズの本
from ビートルズだいすき!
レギュラー松本が婚約、と..
from 恋愛アドバイスのすべて
副収入で幸せになるサイト発見
from ★注目サイト★副収入で幸せ度..
カイロプラクティックで健..
from カイロプラクティックで健康維持
ほったらかしで稼げる収入..
from 初心者が稼ぐためのアフィリエ..
リリー フランキーの東京..
from くちこみ評判良品
【DVD】フライ、ダディ..
from まぁ、お茶でも
skypeが一般の電話か..
from Skype徹底利用ガイド
メディアファクトリー【こ..
from ぱんどらの読書日記
フライ,ダディ,フライ ..
from 猫姫じゃ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧