dot@note


脳内は恋とミスチルパラダイス★な日記。
by chebmix1121
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

この本が、世界に存在することに☆角田光代

 雪が降りました。よって今日のお出かけの約束はキャンセルです。
 雪が降っています。よって外はすごく寒いんです。外に出ないなら家の中にいるしかないわけで、する事といえば寝るか、本を読むか、テレビ見るかとかそういったごくごくありがちな選択肢しかないのですよね。それにあたし、返却期日が明日なのに未読の本が3冊(正確に言えば2.5冊)あるんだった・・・。今更読む気しねーーーーーー!!!!!!と思いつつ、重い(ホントは軽い)ページを開くのであった。
 石田衣良の「東京DOLL」。衣良さんの書く世界にはまったのはたしか、「アキハバラ@DEEP」とか「ブルータワー」を読んでからでした。現実からは遠くかけ離れたずっと仮想の世界であるようで、そうでない。そういった世界が存在しているのは知っているけど、普通に生活してたら見る事のない世界を見せてくれる。登場人物は自分の心に誠実に生きようとする、その姿勢が好きだ。東京DOLLでもやはりそうで、ゲームを作る世界、スマートに生きてるようで、不器用に生きる主人公がでてくる。なんとなくエロイ描写が多かったけど、幻想的というかなんというかそういうニュアンスだったのでこれはこれでよかったのではと思った。おもしろかったーーー!っていう読み終わったあとの爽快感はなかったけれど、衣良さんの本を読み終わると大抵そうです。この煮え切らなさがいいんですね。
 次にやっつけたのは、角田光代「この本が、世界に存在することに」。名前のとおり本にまつわる短編集であります。この人はほんとに本が好きな人なんだなって思った。本に対する愛にあふれた本だったように感じてます。あたしが本をすきなのは、読んでるだけでいろんな世界にトリップできるから、この本にも同じようなことが書いてあって、なんだかうれしくなってしまいました。自分がなんで本を好きで本を読み続けるのかって考えさせられる一冊でした。中身としても、行間がつまってたり、字間が広かったり、なにかを意図してるんだろうかと思ったけれど、そんな意図を汲み取れるほどじっくりは読めませんでした。でも、読んでよかったなって思える一冊でした。
 今やっつけてるのは、東野圭吾の「片想い」です。もう今日中にはやっつけれそうにありません。延長します。
[PR]
by chebmix1121 | 2005-12-05 22:45 | books
<< ゆきがふるとおもいだすのは ひさびさに聴いた音 >>


カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
ライフログ
最新のトラックバック
ビートルズの本
from ビートルズだいすき!
レギュラー松本が婚約、と..
from 恋愛アドバイスのすべて
副収入で幸せになるサイト発見
from ★注目サイト★副収入で幸せ度..
カイロプラクティックで健..
from カイロプラクティックで健康維持
ほったらかしで稼げる収入..
from 初心者が稼ぐためのアフィリエ..
リリー フランキーの東京..
from くちこみ評判良品
【DVD】フライ、ダディ..
from まぁ、お茶でも
skypeが一般の電話か..
from Skype徹底利用ガイド
メディアファクトリー【こ..
from ぱんどらの読書日記
フライ,ダディ,フライ ..
from 猫姫じゃ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧